文実ブログ

コメントシステム「DISQUS」について

みなさんこんにちは。コンピューティングパートの渡辺です。

主にこのサイトの運営と、公式Twitterの運営をしています。このサイトは、コンピューティングパートのパート長が主にデザインし、それを副パート長がHTMLとCSSとJavaScriptで再現し、私が実際にサーバー上で動くように設定したことで完成しました。それぞれの思うことがなかなか伝わらず苦戦したことも…。まあ、それはまた別の機会にお話ししましょう。

本日紹介するのは、今回のサイトで実験的に導入している「DISQUS」というコメントシステムです。DISQUS公式サイトによれば2007年にスタートしたもののようですが、今もなお多くの技術者によって開発が進められています。

通常のコメントシステムと大きく異なる点は、TwitterやFacebookなどのSNSと連携してコメントすることができるところです。試しに、記事下部のコメント欄をクリック(またはタップ)すると、左のほうにTwitterやFacebook、Google+のアイコンが出てくると思います(一番右はDISQUSのボタンです)。こちらから、それぞれのアカウントでログインしてコメントすることができます。

さて、本日はSNSアカウントと連携せずにコメントする方法をご紹介します。まず、同じように記事下部のコメント欄をクリック(またはタップ)してください。

先ほどと同じく、左側にSNSのアイコン、右側に《名前》の入力欄が出てくると思います。ひとまずこれらは気にせず、コメントを入力しましょう。

コメントを入力したら、右側の《名前》の入力欄を選択します。すると、《名前》欄の他に《メールアドレス》欄と《パスワード》欄が出てきます。

このまま入力して投稿すると、自動的にDISQUSに登録することになります。DISQUSは多くのブログで採用されており、他にも様々な機能があるので気になる方はぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

ただ、残念ながらほとんどの方はそんな(面倒な)ことはお望みではないでしょう。そういった場合は、《ゲストとして投稿する》をチェックします。

そうすると《パスワード》欄が消え、DISQUSに登録することなくコメントを投稿することができるようになります。

矢印ボタンをクリックしたら投稿完了! お疲れさまでした。

なお、メールアドレスはスパム対策のため入力をお願いしております。公開されることは(警察や裁判所などからの開示要求がない限り)ありませんのでご安心ください。

  • いつかのコンピ長

    ブログはもう少し改行を増やして見やすく整理できると嬉しいですね。公開して燃え尽きずに更新頑張ってください。応援しています。

    • 応援ありがとうございます。
      HTMLでは段落を分断する改行を避けなければならないので、悩ましいところです。より見やすいデザインとなるよう改善していきたいと思います。

  • 管理人が試しにコメントしてみました。ここでコメントを試してみてください!

ページの先頭へ