文実とは

はじめに

文実とは、県立浦和高校が毎年9月に開催する文化祭、通称「浦高祭」の企画、運営を行う団体です。生徒会等他の組織から完全に独立した組織です。文実には12個のパートと、それを管轄する総務パートに分かれていて、それぞれ仕事を分担して活動しています。文化祭当日まで最高の浦高祭をつくるために頑張りますので、宜しくお願い致します。

各パート紹介

総務パート

文化祭全体を仕切るパートです。当日の運営や企画の審査を行います。

門隊

浦高祭の入場門をつくります。隊員たちは一夏をかけて門をつくりあげ、細部にもこだわります。今年の門のテーマは「ミラノ大聖堂」です。

宣伝隊

8月のお盆明けから様々な駅でビラ配りを行い、浦高祭の宣伝を行います。またポスター配布や浦高ハレルヤも行います。

デザインパート

文化祭のポスター・パンフレット・ロゴ・グッズ・ビラなどを作っています。仕事量は総務パートより多いかもしれません。

食品パート

当日食品を提供する団体の管轄を行うパートです。保健所に提出する資料の作成も行います。

フリーマーケットパート

2日目に行われるフリーマーケットを運営するパートです。

イベントパート

浦高祭当日に開催する様々なイベントの企画、運営を行うパートです。また、発表団体のタイムスケジュールも行います。

CF(キャンパスファイアー)パート

2日目の午後に行われるフォークダンスと非公開で行われるキャンパスファイアーの企画、運営を行うパートです。

式典パート

1日目午前中に非公開で行う開会式の企画、運営を行います。例年開会式で講演会を行うのですが、そこでお話をしていただく講師の先生の依頼も行います。

コンピューティングパート

浦高祭のHPや公式Twitter の管理などを行うパートです。

設営パート

備品の管理を行うパートです。前日の備品移動の指示や装飾チェックが主な仕事です。

整備パート

文化祭当日の自転車整備や文化祭で出るゴミの管理などを行うパートです。

スリッパパート

文化祭当日、来校者の方にスリッパを配るパートです。一見地味な仕事ですが、浦高祭の運営においてとても大事な仕事です。

ページの先頭へ