ブログエントリー

これが最後かな…

20130913mn

あと1日で文化祭ですか。



う~ん。

前置きがない。

どうしよう。


そーいえばアリエルって金髪にしようと思ってたんだけど、5年前に公開された「スプラッシュ」に出てくる人魚とかぶっちゃうからって理由で赤い髪になったそうです。

あ、前置きになった。


本文いくぞー。おー。


今日も3分クッキングかな。

まずはこの上の部分を作ります。

20130913mn01


そしたらあらかじめ用意しておいた板の上にどーんと載せちゃいます。

20130913mn02 20130913mn03


先生今日は強引ですね。

いえ、いつもの事です。

(深夜のテンションでお送りしております)


真ん中にくるのはこちらのフェニックスさんでございます。

20130913mn04


勝手にフェニックスと呼んでいるだけです。

なんの鳥かは知りません。



それはさておき今回もなかなかの仕上がりになったと思います。

本日2本目の収録は「簡単!ステンドグラス」です。


まずは塩ビ板を用意します。

20130913mn05


これに幾何学模様を描いたシートの上において線をなぞるとこちらに!

20130913mn06


これにマジックで色を付けていきます。

しっかり塗ってください。

だいたい2時間色を塗ってください。


そして色がついたのがこちらです。

20130913mn07


あと1日なので作業も大詰めですね。

もう更新はほとんどないと思います。


今まで温かくブログを見て頂いた皆様に感謝の気持ちを込めて今日は眠りにつこうかな。

本当にありがとうございました。


当日のご来場を心からお待ちしております。

三浦 三浦良でございました。


コメント

  • 保護者からのコメント

    門作り 本当にお疲れ様でした
    クオリティの高い 素晴らしい門
    多くの来場者を魅了してくれました

    完成の門を最後にUPしてくださいね

    本当に門隊の皆さんの素晴らしさに感激しています

    浦高祭 最後まで楽しませてもらいます

  • 文実OBからのコメント

    浦高OBとして現役生の自主性を重んじたいのは承知ですが、2点ほどだけ言わせてください。

    1.安全性は第一に考えて下さい

    これは特に工芸人だったら口が酸っぱくなるほど言われている(少なくとも言われていなくても意識すべき)ことだと思うのですが、
    あまりにも思慮が足りなかったと思います。

    2.未完を恥じて下さい
     浦高生が使う「妥協」という言葉は100を80という意味ではありません。150,200を120で済ますという意味です。計画をきちんと建てましたか?人員が足りないなら他のパートに応援要請しましたか?正直、当日の状態を見てそう感じたOBがみなではなかったかと思います。

    厳しい言葉を重ねましたが、

    門隊なら
    工芸(美術)人なら
    そして浦高生なら

    不可能でないことを知っている人間だからこそ
    指摘させていただきました。
    来年はこのようなことがないことを強く祈ります。

    駄文をこのような公の場で失礼いたしました。

    • 管理者からのコメント

      1>>
      確かに一部安全性への配慮が足りない作業をしていたことは事実ですが、教員やOBから指摘され、その後ヘルメットや命綱をつけるように徹底しました。
      もし、別の点について指摘なさっているのなら改めてご返信ください。

      2>>
      質問者様の主張はごもっともです。しかし、現役門隊としてもひとつだけ言っておきたいと思います。
      未完を恥じてないわけがありません。悔しくて苦しくてどうしようもありません。後悔しても仕切れません。
      今冷静になって考えてみるとやれることはまだまだあった気がしますが、死に物狂いで作業していた当時は万策尽くしていたつもりです。必要に応じて他パートへの協力依頼もしました。
      しかし、一番の誤算だったのは直前になって門隊内部で過労のため体調不良者が続出したことです。さらに、文化祭直前になって悪天候も続きました。これらのことが重なって予定が崩壊したというのが正直なところです。
      言い訳めいたことをいっても仕方がない、ということは百も承知ですが事実だけはご報告しておきます。

      来年以降にこのような状況が起こりえないように最大限の対策を図りたいと思います。そのために今現在、自分たちにできる、引継ぎに心血を注ぎたいと思います。
      貴重な意見をありがとうございました。

  • 保護者(その2)からのコメント

    門隊のみなさん、ギリギリまで本当にお疲れさまでした。
    おかげさまで、こちらまで日々、どこまで進んだものかと楽しみに過ごしていました。
    すばらしい門ができてましたね!
    こんなことができるんだ、と思いました。
    浦高祭に来た方々、みなさん、感動してましたよ。

    完成版の写真、載せてくださいね。

  • 1年生保護者からのコメント

    門隊の皆さん、長きにわたっての取り組み
    お疲れさまでした。

    特に2年生の方々は、計画や作業だけでなく
    後輩への指示や導き、本当に大変だったと思います。
    その労力を思うと、すべてが終わった現在、ちょっとした・・いえいえ、かなりの虚脱状態(!)に陥られているのでは・・と心配になる程です。この3連休ぐらいはゆっくり、身体と心を休めて下さいね。

    所用があり、2日目は足を運べなかったのですが
    訪れた他の方の報告で、1日目の夜から翌日までにどれだけ皆さんが最後の力を振り絞ったのかが、ひしひしと伝わってきました。
    私も、門完成版の写真アップを楽しみにしている1人です。

    年配の両親と共に体験した、2013年の浦高祭。
    様々なシーンで感じた文実メンバー皆さんの行き届いた心配り、参加している生徒さんの優しさ、礼儀ただしさ。
    皆で感激し、温かな気持ちに包まれながらの帰路でした。
    あれからもう1週間が経ちましたが、あの日の楽しさ、感激はまだこの胸の中にあります。

    どうもありがとうございました。

  • とある保護者からのコメント

    今年の門、素敵でした。美しくって調べているうちに、この門隊のブログにたどり着きました。アーヘン大聖堂、、再現できてますよね。デザインも素敵だし、精巧さにおいても、全てにおいて感動しました。門隊の皆さんと協力した皆さんの努力の結果ですね。感動をありがとう!!

コメントを投稿する