ブログエントリー

今年もサンタさんは来るかな?

20130805mn

浦高一受けたい授業の原稿をそろそろ書き始めないとやばい事に気付いた副隊長三浦です。

何を話すかはお・た・の・し・み!


まあ、話せる内容なんて限られてるんですけどね。

僕が前に書いた記事を見れば何かを推測するのは容易かと。



今日もササッとぱぱっと活動報告をしていきたいと思います。

真面目とよく言われます(笑)


昨日、今日とやった事は大きく2つ。

発砲スチロールの表面を削る事とペンキ塗りですね。



まずは発泡スチロールの表面を削る方から。

発砲スチロールにそのままペンキを塗ると全面が光って煉瓦のようではないということに気付き、全ての発砲スチロールを並べて1つずつスポンジの裏を使ってゴシゴシとこすりました。

20130824mn01

このことによって、表面がぼさぼさになって光が乱反射するのでより煉瓦に近付いたと思います。

20130824mn02

問題はゴシゴシしたあとに出てくる発泡スチロールのカス。

タイトルと関連しますが、まるで雪のよう!

20130805mn03


これが静電気を帯びて色んなところにくっつくので、掃除しにくくて仕方ないのです。



もう1つの作業はペンキ塗りです。

以前紹介したのと変わらないように思えるのですが、表面がでこぼこした分細かいところまでペンキを塗るという手間が増えました。(サムネイル画像参照)


それにこの2つの作業に共通して言えるのは量の多さ。

山積みになった発砲スチロールを全て処理するのは相当な精神的ダメージが。


昼は幹部そろって昼寝をしました。爆睡です。

これだけやってもまだ装飾のほんの一部でしかありません。

末恐ろしい。

20130805mn04


そろそろ作業が終わらないという悪魔の結末が起こり得てきたので、気を引き締めて明日からも精進していきたいと思います。

おやすみなさい。


コメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する