ブログエントリー

幹部ハッピ編

20130910ds

どうもこんにちは、2020年東京五輪おめでとう! その頃俺はおっさんだな! と思わずにはいられないデザパ長石井です。すごいですね。まさか生きているうちに自分の国でオリンピックが開催されるのを経験できるとは、、、、お陰様であと7年は生きていけそうです。


さあ、今日は張り切って2つ目のフラグ回収、「幹部ハッピ編」いってみましょう。


文実は文実Tシャツを着ており非常に見分けがつけやすいわけですが、それ以上に目立つ存在が幹部です。黒いハッピを着ていますから。


黒の地、白いプリントでデッカク「幹部」。周囲には「第66回浦和高校文化祭実行委員会」。

「幹部」のところにある円形の文様は浦和高校の校章をアレンジしたものです。このハッピに関しては例年テンプレを使用しており(少なくとも8年前の画像にはこのデザインが用いられていることが確認できていまふ)、特に今年のデザパがデザインをしたわけではないのです。でも何年も使われる理由が分かるくらいカッチョいいデザインですよね。


ちなみに文実のロゴマークはこのデザインの「幹部」のところが「文実」となっています。


↓実際に着用するとこんな感じ(写真は整備長です。一発で整備長って分かるぅ☆)

20130910ds01


生地は去年までサテン地だったわけですが、今年からもっと通気性の良い布地になりました(なんの生地なのかまでは分かりませんでした…)。シワができやすい点を考えると昨年のものと比較として一長一短はありますが、概ね幹部には好評のようです(主にコンピ長)。よかった。


ところで文実Tシャツの上にハッピも着ることになると、わりかし暑いのでは……とお思いになる方もいらっしゃるのでは。


でも幹部はこれが誇りです。これを着たいために幹部まで上り詰めた文実員も少なくありませんから。私も中二に初めて浦高祭に来た日から「あのハッピ着てみたいなぁ」と思ったので、実に三年待って実現したわけです。


当日は文実一般パート員以上に詳しいこのハッピをきた幹部たちに質問なりなんなり訊いてみて下さい。きっと詳しい返事と共に世間話もしてくれるのではないでしょうか(と思っています)。


では今日はこの辺で失礼します。浦高祭まであと4日!!


コメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する